MADOCHAN BLOG

30代未経験でWEBエンジニアをめざしてます!!!!!



【初心者が解説】 Gitとはどういうものなのか?

未経験でWebエンジニアを目指す人は言語の勉強だけじゃなくてGitやGitHubを使えるようにしてGitHubにコードをあげたほうがいいよ!というのをよく聞くと思います。
しかしプログラミング初心者はGitとかGitHubとかよく聞くけどGitとかGitHubとかなんだ…?一緒のものなの??だと思います。私がそうでした。
今もなんとなくふわふわしていたんですが、自分なりに図解をしてみたらわかったようなきがするのでまとめます。

Gitとは?

Gitとは分散型のバージョン管理システムです。
そう書かれた説明を読んで私はバージョン管理…とは…?となりました。
こういうときは例を考えます。


ここにパソコンの前にいる窓ちゃん(仮)がいます。

書きかけの絵を完成させよう

そう思った窓ちゃんは書きかけの絵をとにかく詰め込んでいるフォルダを開きました。

Gitを使っていない場合

えーっとこの『パンダ』ファイルを開いて…あれ?下書きのファイルじゃん?あ、『パンダ_iro』ってやつかな。いやこれ、あとで背景と合わせようとしていたやつ…『パンダ_完成間近』これか!!!!!でも日付が古いぞ?あ、配色よくなくって塗り直す前のやつだ。一体最新版はどれなんだ?!?!?!

窓ちゃんは最新版がわからず、途方にくれてしまいました。

Gitを使っている場合(TAKE2)

git logで変更履歴を見て、と…<2回目ペン入れ済。最新版。>一番最新に変更したのはこれか。よし、続きやるぞ〜

窓ちゃんは作業を開始しました。

Gitは変更履歴の管理をするツール!

例の窓ちゃんは両方同じ窓ちゃんです。どちらもファイル名の付け方や管理方法は同じでした。
でもなぜGitを使っている方はすんなりと最新版を見つけ作業に入れたのか…
それはGitがファイルに対して自分がいつどんな変更をしたのか記録して、わかりやすいように整理してくれたからです!!!

このようにGitとはファイルの変更履歴を管理してくれるツールなんです。

便利〜!!!!!!