MADOCHAN BLOG

30代未経験でWEBエンジニアをめざしてます!!!!!



IT系の資格をとろうと思う


資格は力 -情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法

先日、こちらの本を読みました。 筆者は新卒でSEになり、はじめこそくすぶっていたものの『資格』をとることでメキメキと力をつけて強いSEになった、という方です。
IT関係他技術職は実際にできてなんぼという世界で、資格について色々意見があります。
私自身資格をとったからといって、ばりばり仕事ができるようになるとか、転職に有利になるとかはほぼないし必要ないんじゃないか?と言う気持ちでした。
しかしこちらの本を読んでめっちゃ資格とろう!!!と思っています。
そう感じたのは以下の3点です。

基礎力をつけたい

資格の勉強がそのまま実務にまるっと活かせるわけではありません。
ただ、例えば基本情報技術者試験は「情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験』と公式にあります。
つまりこの試験の勉強をすればある程度の基礎力は身に付くというわけです。
仕事でもまわりほぼみんな知っている前提の知識が不足していると感じているので、基礎力を身に着けるべく資格をとりたいと思いました。

自信をつけたい

どんな資格や試験にも勉強して受かれば嬉しいものです。
私は一級ボイラー技士と水質関係第4種公害防止管理者に合格した経験があるんですが。
ちゃんと勉強して合格できた、ということは自分の中で自信になっています。
現在、やっとスタートラインに立った身で、できなさ加減にぺこぺこにへこむことが多いので、成功経験を積みたいと感じています。

学習のペースメーカーにしたい

資格には合格、というゴールがあります。
プログラミングに関してはずっと勉強し続けていくものと思ってはいますが、こういう区切りがあると学習しやすいと思います。
とりあえず合格ぐらいまでは勉強するぞ!とも目標にできますし、メリハリもつきます。

こんな感じで資格をとろうと思っています!

  1. 基本情報技術者試験
  2. Oracle master bronze
  3. Java SE Silver, Gold

とりあえずこの3つをとるべく、勉強を始めています。
とっちらかって何も合格できないというのも問題なので優先順位的にはこの順番で。
基本情報技術者試験は春日程の申し込み締め切りが迫っていたので申し込みました。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

参考書もkindleで購入して、勉強は通勤時間と昼休みを利用しています。


平成31/01年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 情報処理技術者試験

やるぞ〜!!!!!!!!!